産経ニュース

【秋篠宮さま51歳に ご会見全文(3)完】三笠宮さま薨去「皇室にとって大きなこと」 50歳の紀子さま「家族と過ごす時間大事に」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【秋篠宮さま51歳に ご会見全文(3)完】
三笠宮さま薨去「皇室にとって大きなこと」 50歳の紀子さま「家族と過ごす時間大事に」

51歳の誕生日を前に、紀子さまと共に記者会見される秋篠宮さま=東京・元赤坂の秋篠宮邸(代表撮影) 51歳の誕生日を前に、紀子さまと共に記者会見される秋篠宮さま=東京・元赤坂の秋篠宮邸(代表撮影)

 「そのほかいろいろなことがありますが、今年も非常にうれしい話としては、ノーベル生理学・医学賞に大隅教授が決まったということが挙げられますし、それによって基礎研究の大事さということが多くの人に伝わったのではないかと考えます。また、昨年私たちも行きましたリオデジャネイロでオリンピックとパラリンピックが開催されて、日本人が多くメダルを取り、また入賞したということ、これも大変喜ばしいことだと思います」

 「一方これは大変残念なことですけれども、今年の10月13日にタイ国のプーミポンアドゥンラヤデート国王陛下が崩御になりました。私は1992年にお目に掛かって以来、幾度となくお訪ねし、またお招きいただいてお会いする機会がありましたが、私がタイで行ってきた活動などを非常に温かく見守って、時にはサポートしてくださっており、私は大変その点で有り難く思っております。近年はお身体(からだ)の具合が悪くてタイに行きましてもお会いする機会がここ何年かはなかったわけですが、また御挨拶できればと思っておりましたけれども、崩御ということになり大変残念に思っております」

 「そして、その後10月27日に三笠宮殿下が薨去(こうきょ)になりました。妃殿下のお悲しみいかばかりかと察するところでありますけれども、三笠宮殿下にはうちの子どもたちの帯親になっていただいたり、その他いろいろなところで御縁があり、100歳という高齢であられましたが、残念なことであり、また皇室にとっても大きなことだったと考えております」

 --妃殿下は9月に50歳を迎えられましたが、ご心境や今後の抱負などについてもお聞かせください

 妃殿下「今年の9月の誕生日に、一つの大きな節目を迎えることができました。両陛下を始め、今までに温かく見守ってくださり、支えてくださった方々に感謝の気持ちを抱いております」

 「この50年の日々を思い返しますと、幼少からの懐かしい思い出とともに、多くのお話を伺い、経験を積み重ねる中で世界が広がってきたと思っております。また、いろいろな課題がまだありますが、宮様に教えていただきながら始めた公的な務めや子育て、趣味などでの出会いやつながりのおかげで、心の温かさや心の豊かさにふれることが度々ありました。そして、様々な方から、命を育み守ることの大切さが伝わってきました。この年齢になり、互いに気持ちが通じ合うことを感じながら生きていることをありがたく思うことが多くなりました」

 「今後につきましても、様々な公的な行事や活動に心を尽くして務め、関心を持っている分野においても更に学びを深め、視野を広げてまいりたいと考えております。また、家族と過ごす時間を大事にしながら健康面にも気をつけていきたいと思っております」

続きを読む

関連ニュース

【秋篠宮さま51歳に ご会見全文(1)】陛下のお気持ち表明「最大限考え伝えられた」 皇室のご活動は「できる範囲で」

「ライフ」のランキング