産経ニュース

【秋篠宮さま51歳に ご会見全文(1)】陛下のお気持ち表明「最大限考え伝えられた」 皇室のご活動は「できる範囲で」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【秋篠宮さま51歳に ご会見全文(1)】
陛下のお気持ち表明「最大限考え伝えられた」 皇室のご活動は「できる範囲で」

51歳の誕生日を前にご家族と過ごされる秋篠宮さま=赤坂御用地(宮内庁提供) 51歳の誕生日を前にご家族と過ごされる秋篠宮さま=赤坂御用地(宮内庁提供)

 (問3)

 --両殿下にお伺いします。悠仁さまが10歳の節目を迎えられました。10年間を振り返り、成長ぶりや現在の関心事、中学校以降の進学先など今後の教育方針についてお聞かせください。また、皇位継承者として悠仁さまのお立場が注目されていますが、これから学び経験してほしいことや、皇統に連なる悠仁さまの教育について天皇陛下から示されたお考えがあれば、あわせてお聞かせください

 殿下「私が先に話しましょう。長男が今年の9月で10歳になりまして、その成長ぶりがどうかということですけれども、毎日のように接していると、成長というのが連続的ですので、なかなか私自身は分からないところがありますが、最近は以前に比べて、一緒に話しているときの話題というかテーマが増えたなという印象があります。例えば1年前、もうちょっと前くらいですかね、長男の好きな虫の話であるとか、そういうことが多かったわけです。それが少しずつ今度は、そういうものが生息する環境について、どういう環境がふさわしいかとか、そういう話が出るようになってきました。一方長男は、彼が知らない時代、少し前の時代の人々の暮らしとか道具とか、そういうものにも関心があるようで、よくそのことについて私に聞きに来ることがあります。例えば身近な話題で言うと、長男が知っているのはほとんど、例えば写真機などはデジタルの時代です。スチールもそうですし、ムービーもそうですけれども、ただそうすると今度はフィルムの頃のことに関心が出てきているようで、それで私も若い頃そういうのを好きだったもので、実物も持っていますので、そういうものを見せながら、例えば今であればかなり長時間映像を撮ることができるけれども、昔だったら家庭で使うものが本当に3分くらいしか撮れなくて、それをつなぎ合わせて編集してという、そういう作業をして一本のストーリーにしたんだというようなことを、実際にやるわけではないですけれども、昔のものを見せながら話をするなど、そういうことが随分増えてきたように思います。(妃殿下にお向きになって)そのほか何かありますか」

 妃殿下「(殿下にお答えして)いつ頃だったでしょうか。何か宮様が大学生の時に聴いていらっしゃった音楽のテープを見つけて…」

 殿下「カセットじゃなくて」

 妃殿下「(うなずきながら)カセットテープですね」

 殿下「カセットテープ。CDとかではなくてカセットテープ」

 妃殿下「はい」

 殿下「それでまた音の違いなどを認識したりして、まずそれを楽しんでいるのですが、そういうようなことが、私からすると大分話が広がってきたなというふうな、ほかにもまだありますけれども、印象としてあります。(記者に質問を確認されて)それから、今幾つかあったので。その都度言っていただくと」

=(2)に続く

関連ニュース

【秋篠宮さま51歳に ご会見全文(2)】悠仁さまのご進学「適応性含め柔軟に」 眞子さま、佳子さまのご結婚は「意思を尊重」

「ライフ」のランキング