産経ニュース

【鳥インフル】高病原性と確認、新潟・青森で32万羽殺処分

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【鳥インフル】
高病原性と確認、新潟・青森で32万羽殺処分

H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の農場で食用アヒルの殺処分作業をする青森県の職員=29日(同県提供) H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の農場で食用アヒルの殺処分作業をする青森県の職員=29日(同県提供)

 新潟県関川村の養鶏場で鶏約40羽が死んでいるのが見つかり、同県は29日未明、鶏から強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。青森市の農場の食用アヒルからもH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出。農業・食品産業技術総合研究機構の動物衛生研究部門(茨城県つくば市)で分析する。

 農林水産省によると、国内で食用などのため飼育されている鳥からウイルスが検出されたのは、昨年1月に岡山県と佐賀県で確認されて以来。

 青森県はこの農場で食用アヒルの殺処分を進め、29日夜に終了。当初、約1万6500羽を処分するとしていたが、実際は1万8360羽に上った。新潟県も関川村の約31万羽の鶏の処分を始めた。県が出動要請した陸上自衛隊も従事し、12月2日まで24時間態勢で作業する。

このニュースの写真

  • 高病原性と確認、新潟・青森で32万羽殺処分
  • 高病原性と確認、新潟・青森で32万羽殺処分
  • 高病原性と確認、新潟・青森で32万羽殺処分
  • 高病原性と確認、新潟・青森で32万羽殺処分

関連ニュース

【鳥インフル】通常、人へは感染せず

「ライフ」のランキング