産経ニュース

【囲碁】井山裕太六冠が来春、AIと対局へ 「ワールド碁チャンピオンシップ」で

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【囲碁】
井山裕太六冠が来春、AIと対局へ 「ワールド碁チャンピオンシップ」で

井山裕太六冠 井山裕太六冠

 囲碁の日本棋院は29日、人工知能(AI)と、日本・中国・韓国のトップ棋士の4者が総当たりのリーグ形式で戦う「ワールド碁チャンピオンシップ」を来年3月に大阪市で開催すると発表した。日本からは井山裕太六冠(27)が出場。AIは先日、趙治勲名誉名人(60)と対局した「Deep Zen Go」が参加する。中国と韓国にはトップクラスの棋士の出場を求めているという。対局の持ち時間は各3時間で、通常設けられる昼食休憩なしで打たれる。優勝賞金は3000万円。

 日本棋院の団宏明理事長は「国際大会を日本で開きたいと考えていた。進化著しいAIと、世界のトップ棋士が一緒に戦う意義は大きい」と話した。少なくとも3年は続けたいという。

 今春、韓国のイ・セドル九段に圧勝した米グーグル傘下のベンチャーが開発した「アルファ碁」にも出場を打診したが、スケジュールの都合で不参加となった。

 井山六冠の話「このような素晴らしい大会に、日本代表として出場させていただけることをたいへん光栄に思っております。記念すべき大会を盛り上げられるよう、ベストを尽くし、良い戦いができればと思っております」

関連ニュース

【マンスリー囲碁】前向きにAIと切磋琢磨する

「ライフ」のランキング