産経ニュース

【教育動向】子どもの事故、「家の中」にも危険がいっぱい

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
子どもの事故、「家の中」にも危険がいっぱい

消費者庁は、0~14歳までの子どもの不慮の死亡事故に関して、その発生傾向の分析結果をまとめました。発生現場の1位は「住居」で31%を占めており、家の中が意外と危ないことがわかりました。また2位は「道路・駐車場」の27%で、年齢が上がるにつれて交通事故の危険性も増えてくるようです。子どもの年齢ごとに、どんなことに気を付ければよいのかを見てみましょう。

0歳児は窒息、1歳児以上は交通事故がトップ

分析は、亡くなった人ごとに地方自治体が作成する「人口動態調査死亡票」をもとにして、2010(平成22)年から14(同26)年までに発生した子ども(0~14歳)の不慮の事故のうち、地震など自然災害を原因とするものを除いて集計しました。

5年間で発生した子どもの不慮の事故は2,030件でした。このうち0~6歳が64%を占めています。このことから消費者庁は、未就学児の事故防止対策が重要であるとしています。年齢ごとに見ると、0歳が25%、1歳が11%、2歳が7%、3~4歳が各5%、5歳が4%、6~7歳が各6%、8歳が5%、9歳が4%、10歳が3%、11歳が4%、12歳が3%、13歳が5%、14歳が7%となっており、0歳児が死亡者全体の4分の1に上っています。

0歳の死因は「窒息(就寝時)」が32%で最も多く、「顔がマットレスなどに埋まる」「掛け布団等の寝具が顔を覆う」「ベッドと壁の隙間などに挟まれる」などの事故が起こっています。次いで「窒息(ミルク等胃の内容物の誤嚥<ごえん>)」23%、「窒息(食物の誤嚥)」10%などで、異物が気管に入る「誤嚥」も窒息の大きな原因になっています。0歳児の事故対策では、就寝中の窒息と誤嚥による窒息の防止が最大の課題です。

続きを読む

「ライフ」のランキング