産経ニュース

【にっぽん再構築 子供が危ない】崩れゆく食卓 叱れない親たち

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【にっぽん再構築 子供が危ない】
崩れゆく食卓 叱れない親たち

 世帯年収が600万~700万円台の地域に暮らす小学5・6年生の肥満率は、ほとんどが2%未満。しかし、500万円台になると2%以上3%未満が目立つようになり、400万円台では3%台が増える。収入が低いほど、肥満率が高くなる傾向がある。

 舞田講師は指摘する。「ひとり親で忙しく、子供の食に手をかけられないケースもある。食育について真剣に考えなければならない時期に来ている」

 □ □

 「ピーマンは苦手だけど、給食に出たら残さず食べてるよ!」

 今月中旬、東京・代々木公園で開催された東京都主催の食育フェア。横浜市の小学5年、下田海人君(11)は誇らしげに話した。母親の桜子さん(45)は、パンを手作りするなど食生活に気を配る。「子供のためにはできるだけのことはしたい」

 食の影響は健康だけにとどまらない。脳の働きに作用して学力に格差を生じさせる。全国学力テスト(28年度)の結果によると、朝食を毎日食べる小学生の「算数A」の平均正答率は79・2%。頻度の減少に応じて低下し、まったく食べない子供(60・1%)とは20ポイント近い差が出た。

続きを読む

関連ニュース

【にっぽん再構築・子供が危ない】「老化」する小中学生 つまづいて骨折 和式トイレでかがめない…

「ライフ」のランキング