産経ニュース

鶏から高病原性鳥インフル 新潟、青森で30万羽超を殺処分 自衛隊に出動要請も

ライフ ライフ

記事詳細

更新


鶏から高病原性鳥インフル 新潟、青森で30万羽超を殺処分 自衛隊に出動要請も

高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された新潟県関川村の養鶏場=29日午前9時半(機内から撮影) 高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された新潟県関川村の養鶏場=29日午前9時半(機内から撮影)

 新潟県は29日未明、同県関川村の養鶏場で死んでいた鶏から、強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

 この養鶏場で飼育している約31万羽の殺処分を開始。県によると、自衛隊にも出動要請し、12月2日まで24時間態勢で作業に当たるという。

 青森県も29日、食用アヒルからH5型の鳥インフルエンザウイルスを検出した青森市の家禽農場で、飼育中の約1万6500羽の殺処分を続けた。高病原性ウイルスの可能性が高いとみて、動物衛生研究所(茨城県つくば市)で分析する。

 新潟、青森両県は養鶏場と家禽農場からそれぞれ半径3キロ圏内を鳥や卵の移動制限区域に、3~10キロ圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁じた。

このニュースの写真

  • 鶏から高病原性鳥インフル 新潟、青森で30万羽超を殺処分 自衛隊に出動要請も
  • 鶏から高病原性鳥インフル 新潟、青森で30万羽超を殺処分 自衛隊に出動要請も

関連ニュース

新潟、青森で家禽から鳥インフル 今冬初、32万羽超殺処分も

「ライフ」のランキング