産経ニュース

【健康カフェ】(59)運動と寿命 座りっぱなしの生活を見直そう

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【健康カフェ】
(59)運動と寿命 座りっぱなしの生活を見直そう

 ただし、たとえ一日中デスクワークをしていたとしても、運動をすれば、死亡率の高さを打ち消すことができることが確認されています。どれくらいの運動がいいかですが、1日に1時間強、早歩きをした場合、座っている時間の長さによる死亡率の差がほとんどなくなることが分かっています。つまり、座って過ごす時間が短いに越したことはないけれど、長い時間座ってしまうことになっても1時間強の運動でかなりカバーされるということです。

 ウオーキングやジョギングなど手軽にできる運動もいいですが、勝ち負けを競うテニスやみんなで協力するバレーボールなどのスポーツは、継続効果があるのでお勧めです。

 また、デスクワークの合間にちょっとした運動を取り入れることが、血糖値や脂質などに良い影響を与えることも分かっています。どんな運動をどれくらい、とまではまだ言えないのですが、座りっぱなしの状態が解消されることが大切なのでしょう。

 運動する時間が取れない人は、あえて離れたゴミ箱にゴミを捨てに行ったり、時間ごとにデスクから離れるようにしたりと、自分なりに少し工夫をしてみてはいかがでしょうか。(北原ライフサポートクリニック内科医 下島和弥)

関連ニュース

「ライフ」のランキング