産経ニュース

【からだのレシピ】食事・運動・社会参加 真の健康長寿を実現

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【からだのレシピ】
食事・運動・社会参加 真の健康長寿を実現

有識者からこころとからだの健康についてのアドバイスが送られた 有識者からこころとからだの健康についてのアドバイスが送られた

 ■1日に緑の濃い野菜100グラム目安、15分以上の運動を

 第30回日本臨床内科医学会市民公開講座「真の健康長寿社会をめざして-こころとからだの健康とは-」が10月10日、東京・新宿で開かれた。特別講演では小笠原流礼法宗家・小笠原敬承斎氏と東京都健康長寿医療センター理事長・井藤英喜氏が登壇し、健康長寿を実現していくうえで、分かりやすいアドバイスが送られ、会場に集まった市民が聞き入った。

 開会に先立ち、同学会の会長を務める菅原正弘氏は、健康長寿に向けた注意点として「血管」「脳」「体」「がん」「たばこ」を挙げた。血管とは心筋梗塞や糖尿病、高血圧といった生活習慣病の予防を、脳は認知症対策を、体は転倒・骨折を防ぐための運動や筋トレを指す。そしてがん検診を受診することの大切さと、心筋梗塞や脳卒中、アルツハイマー病と関係しているたばこのリスクについて話し、生活習慣の改善を訴えた。

 また井藤氏はデータを交えて、老後を健康に過ごすための方策を解説した。日本では今後、地方よりも都市部が急速に高齢化し、また2035年には高齢者世帯の3分の2は1人住まいか夫婦のみ世帯になるとみられている。高齢者を支えるための医療・介護費の逼迫(ひっぱく)も指摘されるなか、元気な高齢者が「支える側に回る」可能性を含め、元気な高齢者を増やしていくことが大切だ。一人一人が健康を保っていくにはどうすればよいのだろうか。井藤氏は「一説では寿命の70~80%はライフスタイルが決定づけます」と、生活習慣の見直しを訴えた。特に食事、運動、社会参加を意識することで加齢とともに起こる多くの病気の予防につながると力説。「食事はコメばかりでなく、肉・魚・卵・大豆製品などのタンパク質を。緑の濃い野菜を1日100グラムを目安に取るほか、果物、牛乳なども大切です。運動は1日15分以上、ウオーキングなら3千歩を、少なくとも週に1回は継続して行うことが第1目標になります。社会参加としては趣味やボランティアなど、週に1度は外出を」とアドバイスした。フレイル(要介護状態と健康の中間)の状態にあるときも、この食事・運動・社会参加の3点を見直すことで、健康を取り戻しやすくなる。

 またこの日、同医学会は記者会見を行い、低用量アスピリンが、特定の高齢者で心筋梗塞や脳卒中のリスクを下げるという結果が得られたことを発表した。糖尿病、高血圧、高脂血症の危険因子がある人を対象に調査したもので、70歳以上で血中のHDLコレステロール値が低い(40未満)男性のうち、アスピリンを投与されたグループは、これらの病気が発症する危険性が56%下がったという。

このニュースの写真

  • 食事・運動・社会参加 真の健康長寿を実現
  • 食事・運動・社会参加 真の健康長寿を実現

「ライフ」のランキング