産経ニュース

【10万年後の安全-「信頼」と「責任」の意味(1)】フィンランドはなぜ核のごみ処分を「決断」できたのか

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【10万年後の安全-「信頼」と「責任」の意味(1)】
フィンランドはなぜ核のごみ処分を「決断」できたのか

 日本から7900キロ、フィンランドの首都ヘルシンキからも240キロ離れた小さな町が、いま世界の注目を集めている。その町の名はエウラヨキ市。原子力発電に伴い発生する高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」を地下深くに埋める最終処分場の建設について正式に国の認可を受けたからだ。世界初の商用原子炉が稼働してから60年。人類がいまだ手をつけられなかった核のごみ対策がようやく一歩前へと動き出す。

最終処分場の建設を受け入れたエウラヨキ市

最終処分場の建設を受け入れたエウラヨキ市

 19世紀、帝政ロシアの支配地となったフィンランドには、帝政様式の建築物が多く残っている。むろん、ここエウラヨキも例外ではない。この街で最も有名な建築物であるヴオヨキマナーハウスは、1836年に建築家、C・Lエンゲルによってデザインされ、母屋部分はフィンランドで最も美しいとも言われる。往時の荘園の名残そのままに、のどかな農場の中にそびえたつ旧領主の邸宅は、街の数少ない観光スポットである。

 現在はレストランや会議室などの多目的スペースも設けられ、地域の文化活動の拠点としての顔も持っているが、施設自体はフィンランドの電力会社TVOなどが出資するポシヴァ社がエウラヨキ自治体からリースにより借り上げている。そして、ポシヴァ社は世界で初めて核のごみの地層処分を実施する運営主体でもある。

最終処分場の建設を受け入れたエウラヨキ市

エウラヨキで人気の観光スポット「ヴオヨキマナーハウス」

「単純な発想」

 ポシヴァとエウラヨキ市の関係は長い。ポシヴァ社は1999年に最終処分場建設に向けて自治体と協力協定を結び、市は翌年に受け入れを表明。これを皮切りに国会での承認を経て2001年に世界初の最終処分地に決まった。

 処分予定地は、ヴオヨキマナーハウスから車で10分程度離れたオルキルオト原子力発電所の敷地内にある。日本ではおおよそ想像もつかないとは思うが、原発から出たごみは原発敷地内で処分する--言い換えれば、自分の家から出たごみを庭下に埋めるような極めて単純な「発想」である。

 一見、短絡的な処分方法に思えるが、最終的に国が当地への処分場建設を許可したのは昨年11月のことである。そもそも最終処分地に関する地元の同意が得られるまでも時間を要したが、得られてからも15年もの歳月をかけて、精密な地質調査やより安全な処分方法を検討していたことになる。人類が生んだ核のごみの最終処分というのは、それだけ壮大なプロジェクトであることの裏返しでもある。

最終処分場の建設を受け入れたエウラヨキ市

オルキルオト原子力発電所に隣接する最終処分場

「10万年の『隔離』」

 ウランを燃料に電気をつくる原発は、発電に伴い高レベル放射性廃棄物(核のごみ)を出す。強い放射能を帯びた核のごみが、天然ウラン鉱石並の放射能レベルに下がるまでに数万年以上かかるとされ、この途方もない「隔離」を人類の手でどのように実現させるか、いま原発を有する各国がともに頭を悩ます課題である。

 ただ、現時点で最も有効な解決策の一つとして挙げられるのが、フィンランドで間もなく本格的な着工が始まる「地層処分」だ。フィンランドの計画では、円筒形の金属製容器の中に核のごみを入れ、容器ごと地下450メートルの地盤に閉じ込める。フィンランドでは現在、原発4基が稼働中だが、今後原子力発電を増やしていく計画だ。

 地層処分が始まる2022年から100年かけて全ての核のごみが地下に埋設されると予測しており、全ての核のごみが埋設された段階で完全に封鎖する。

最終処分場の建設を受け入れたエウラヨキ市

フィンランドの最終処分場のイメージ(提供:ポシヴァ社)

 実はわが国でも、この地層処分が最も有力な処分方法として検討されている。日本では原子力発電で使い終わった燃料(使用済燃料)からウランやプルトニウムを取り出し、再び燃料として使う計画である。この過程で残る再利用できない成分が高レベル放射性廃棄物(核のごみ)であり、それを地層処分する計画である(※)。

 地中に埋めるものが異なるため、埋めるまでの工法にも技術的な違いはあるが、比較的地盤が安定した場所に埋めるという考え方はフィンランドと同じ。

 核のごみをめぐる日本とフィンランドの温度差。「国民性の違い」と一言で片づければ、それで議論は終わってしまうかもしれないが、将来世代に先送りせず、原子力発電の恩恵を受けてきた現世代の責任で解決の道筋をつけていくべきであることに変わりはないはずなのに、目をそむけているとしか思えないような事態が続いてきたのである。

 日本人が真剣にこの問題を直視するためには何が必要なのか。そのヒントとなる言葉を、フィンランド取材では何度も聞いた。「トラスト(信頼)」と「レスポンシビリティ(責任)」。彼らがしきりに使った二つの言葉。核のごみ処分の最先端を行くフィンランドから日本人は何を学ぶべきか、キーワードの意味をひも解きながら考えてみたい。(産経デジタル編集部)

※フィンランドは再処理せずに使用済燃料を処分する計画

日本の地層処分に関する詳しい情報はこちら

提供:NUMO(原子力発電環境整備機構)

このニュースの写真

  • フィンランドはなぜ核のごみ処分を「決断」できたのか
  • フィンランドはなぜ核のごみ処分を「決断」できたのか
  • フィンランドはなぜ核のごみ処分を「決断」できたのか
  • フィンランドはなぜ核のごみ処分を「決断」できたのか

関連ニュース

【10万年後の安全-「信頼」と「責任」の意味(1)】フィンランドはなぜ核のごみ処分を「決断」できたのか

「ライフ」のランキング