産経ニュース

【かながわ秘話】華頂宮、東伏見宮…旧宮家ゆかりの邸宅、神奈川に点在 皇室と深い縁で結ばれてきた地域史

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【かながわ秘話】
華頂宮、東伏見宮…旧宮家ゆかりの邸宅、神奈川に点在 皇室と深い縁で結ばれてきた地域史

鎌倉市が管理する「旧華頂宮邸」=同市浄明寺(鎌倉情報館提供) 鎌倉市が管理する「旧華頂宮邸」=同市浄明寺(鎌倉情報館提供)

 葉山町にも

 一方、葉山町堀内にも、東伏見宮依仁親王が別邸として使用していた建物が残る。「旧東伏見宮別邸」は大正3(1914)年の竣工(しゅんこう)で、真っ白な板張りの外壁に映える大きな窓が特徴的な、背の高い洋館だ。現在は修道院の施設として利用されている。

 依仁親王は、明治14(1881)年に来日したハワイのカラカウア王が米国の帝国主義に対抗するため、明治天皇に養女のカイウラニ王女との縁談を申し入れた皇族として知られる。ただし、この国際結婚は実現しなかった。

 閑院宮家、東伏見宮家はともに終戦直後に皇籍離脱した11宮家の一つ。華頂宮家は大正時代に廃止されているため、11宮家には含まれないが、華頂博信侯爵が出身の伏見宮家は11宮家の筆頭格ともいわれた。

 閑院宮家と伏見宮家は江戸時代の四(し)親王家にも含まれ、現在の皇室は閑院宮家から即位した光格天皇の系譜にある。

 東京から近く、海や避暑地もある本県には、皇室とゆかりの深い場所も数多い。歴史を振り返り、地域史を改めて学ぶには、絶好の環境といえそうだ。

 「IQ246~華麗なる事件簿~」 10月にスタートした俳優の織田裕二さん主演のテレビドラマ(TBS系日曜午後9時~)。貴族(華族)の流れをくむIQ246の天才という設定の主人公が、事件の謎解きをしていく作品。執事役のディーン・フジオカさんや刑事役の土屋太鳳さんらが脇を固める本格ミステリーで、主人公の自宅屋敷は「北鎌倉」にあることになっているが、実際の「旧華頂宮邸」は鎌倉市内ではあるものの、北鎌倉地区ではない。

このニュースの写真

  • 華頂宮、東伏見宮…旧宮家ゆかりの邸宅、神奈川に点在 皇室と深い縁で結ばれてきた地域史

関連ニュース

【幻の御用邸】海洋生物の研究にうってつけの海辺の別邸 昭和恐慌で立ち消えに…「御用邸道路」に名残

「ライフ」のランキング