産経ニュース

【にっぽん再構築・子供が危ない】「老化」する小中学生 つまづいて骨折 和式トイレでかがめない…

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【にっぽん再構築・子供が危ない】
「老化」する小中学生 つまづいて骨折 和式トイレでかがめない…

埼玉県医師会による運動器検診 埼玉県医師会による運動器検診

 「ママ、投げて!」。10月下旬、千葉県船橋市の公園。幼稚園児の栢沼(かやぬま)璃宙(りら)ちゃん(6)と母親のみおさん(33)がボール遊びをしていた。「今まで場所がなかったからうれしいね」とみおさん。「また来ようね」

 他の利用者らへ「迷惑行為」と見なされ禁じられていたボール遊び。同市は9月、5カ所の公園で試験的に「解禁」した。

 体力づくりの場を設けることは、国や自治体を挙げての課題だ。解禁の動きは東京都千代田区や松山市、大阪市に拡大している。

 自治体の条例に公園でのボール遊びを禁じる文言はない。ただ、苦情を受けた自治体側が「迷惑行為」と解釈して禁止してきた。

 公園を開放した自治体の担当者は、住民への説明に熱心に取り組むようになった。「今まで安易だった。街や国を支える子供のために、まずは自分たちが変わらなければいけない」

     

 未来の日本を支える宝、子供たちの「生きる力」が衰えている。育てる親の劣化も激しい。虐待死は後を絶たない。子供をめぐる社会の危うさは増す。そのつけは国民にふりかかる。どうすればいいのか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「老化」する小中学生 つまづいて骨折 和式トイレでかがめない…
  • 「老化」する小中学生 つまづいて骨折 和式トイレでかがめない…

関連ニュース

【問題の裏側】東京・吉祥寺の保育園反対運動は住民エゴなのか 「高慢」「子供施設が嫌いな人々」といわれた住民たちは…

「ライフ」のランキング