産経ニュース

iPSから特定のがん細胞を死滅させる強力免疫細胞 京大が作製成功

ライフ ライフ

記事詳細

更新


iPSから特定のがん細胞を死滅させる強力免疫細胞 京大が作製成功

 特定のがん細胞を死滅させる強力な力を持つ免疫細胞を、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作ることに成功したと京都大の河本宏教授(免疫学)らのチームが21日付の米医学誌電子版に発表した。

 免疫細胞は「キラーT細胞」で、体外で増やしてがん患者に投与する治療法を想定。チームはこれまでもiPS細胞からキラーT細胞を作っていたが、今回、狙ったがん細胞だけを殺傷する力を高めており、白血病などの免疫療法への応用に一歩前進としている。

 チームは、がん細胞を攻撃する遺伝情報を持つキラーT細胞から、いったんiPS細胞を作り、このiPS細胞から再びキラーT細胞を作る際、分離方法に工夫を加えることで、より良質のものを作り出した。

 このキラーT細胞を急性骨髄性白血病の患者3人から採取した細胞と試験管内で混ぜたところ、がん細胞が死滅した。

「ライフ」のランキング