産経ニュース

自覚なし…“隠れ睡眠不足”あるかも 20代男性で1時間程度

ライフ ライフ

記事詳細

更新


自覚なし…“隠れ睡眠不足”あるかも 20代男性で1時間程度

 毎日よく眠れて寝不足の自覚がない人でも、本当に必要な睡眠時間には足りていないかも-。国立精神・神経医療研究センターの三島和夫部長らのチームが、20代男性への睡眠試験を基に、こんな警告を発している。本来必要な睡眠時間は普段の睡眠時間より平均1時間ほど長いと考えられ、睡眠の充足でストレスに関わるホルモン分泌などが改善したという。

 20~26歳の男性15人に明るさを調節できる実験室に入ってもらい、試験前日は普段通りに就寝させたが、9日間にわたる試験の間は、夜10時から朝10時までの12時間、室内を真っ暗にし、その環境でどれだけ睡眠が延長するか観察した。

 15人の普段の睡眠時間は平均7時間22分で、同年代の平均と同じくらい。全員が睡眠不足の自覚はなかった。

 しかし睡眠延長試験に入ると、ほとんどの人に初日は10時間以上眠る「リバウンド」と呼ばれる現象が現れ、その後約1週間かけて睡眠時間が徐々に短縮し安定化する傾向が見られた。

続きを読む

関連ニュース

【書評倶楽部】『一流の睡眠 「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略』裴英洙著 睡眠改善で健やかな毎日 東日本国際大学長・吉村作治

「ライフ」のランキング