産経ニュース

【話の肖像画】ミス・ワールド日本代表、吉川プリアンカ(1)父がインド人、母が日本人…ハーフ独特の美貌

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
ミス・ワールド日本代表、吉川プリアンカ(1)父がインド人、母が日本人…ハーフ独特の美貌

(荻窪佳撮影) (荻窪佳撮影)

 〈美の祭典「ミス・ワールド」。日本代表に選ばれ、今月26日から12月18日まで米ワシントンで開かれる世界大会に出場する。応募総数6920人の中から頂点に登り詰めたその魅力は父がインド人、母が日本人というハーフ独特の美貌(びぼう)だ。だが、ハーフの日本代表が日の丸を背負うことを疑問視する声も一部にくすぶる。いわく「日本の代表なのに純日本人じゃない」と〉

 そういう声があることは知っていますが、私は問題にも疑問にも思っていなかった。私は日本人だから。納豆や和食が一番好きで、英語もベンガル語も話せますが、一番話せるのは日本語。世界大会では「和心」をしっかり伝えていきますよ。

 〈2015年ミス・ユニバース日本代表、宮本エリアナさんのときも、「純日本人でない人が代表でいいのか」と論争になった。そんな声に対して、宮本さんは「ハーフでも代表ができることを世界中に知らせたい」と出場した。今回、ミス・ワールドの日本代表に選ばれた吉川は、海外メディアの取材に「エリアナさんの存在に勇気づけられた」と答えている〉

 エリアナさんがハーフだろうが何だろうが、日本の代表として世界で結果を残している。そのことに私は勇気を得たと思いますね。

続きを読む

「ライフ」のランキング