産経ニュース

【聞きたい。】小原玲さん 『シマエナガちゃん』 「雪の妖精」にひと目ぼれ

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【聞きたい。】
小原玲さん 『シマエナガちゃん』 「雪の妖精」にひと目ぼれ

写真集『シマエナガちゃん』を出した動物写真家の小原玲さん=東京都文京区の講談社 写真集『シマエナガちゃん』を出した動物写真家の小原玲さん=東京都文京区の講談社

 体長14センチのうち半分が尾であるエナガは、日本でもっとも体が小さい鳥だ。北海道に生息する亜種がシマエナガで、成鳥は体が真っ白に。丸くて、小さくて、まるで雪の妖精だ。

 「愛らしさに思わず『シマエナガちゃん』と呼びかけた」と相好を崩す動物写真家の小原玲さん(55)。「シマエナガの写真集は、他にない」と、今年1月から6月まで集中的に撮影して、あっという間に出版した。

 10万部近く売れた写真集『アザラシの赤ちゃん』(平成2年)以来、カナダでアザラシを撮り続けてきたが、昨季は暖冬で撮影条件が整わず断念。代わりにタンチョウを撮りに訪れた北海道でシマエナガと出合った。「アザラシの赤ちゃんに匹敵するかわいらしさ」にひと目ぼれした。

 写真週刊誌を振り出しに、天安門事件、米国写真通信社の特派員として湾岸戦争などの現場でシャッターを切り続けた。が、「報道写真は、伝えきれない悔しさが常につきまとった」

 天安門から戻った2年、アザラシの写真の絵はがきを目にする。心和まされ、誘われるようにアザラシの撮影に出かけていた。

 赤ちゃんアザラシにレンズを向けながら、感動を伝えることこそ写真の原点と思い出す。「もう、悲しみを伝えることにおいて他の写真家以上の仕事はできない」。7年に報道写真と決別。以来、動物写真一筋だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 小原玲さん 『シマエナガちゃん』 「雪の妖精」にひと目ぼれ

「ライフ」のランキング