産経ニュース

【電通に強制捜査】異例の捜査、悪質性にメス 「働き方改革」背景に

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【電通に強制捜査】
異例の捜査、悪質性にメス 「働き方改革」背景に

電通の東京本社に家宅捜索に入る東京労働局の労働基準監督官ら=7日午前9時27分、東京都港区 電通の東京本社に家宅捜索に入る東京労働局の労働基準監督官ら=7日午前9時27分、東京都港区

 大手広告代理店の電通に強制捜査が入り、違法な長時間労働の実態解明が本格化した。高度経済成長時代と変わらない古い企業体質をどう変えるか。「過労死は家族にとっても計り知れない苦痛で社会にとっても大きな損失だ」(厚生労働省幹部)。政府は現在「働き方改革」を進めており、電通への厳しい対応は、社会全体に向けた“一罰百戒”の様相も呈している。

 「強制捜査に移行したいのですが…」。東京労働局の幹部は10月半ば、東京地検に赴き、こう相談を持ちかけた。任意の立ち入り調査からわずか数日後、労働局は異例のスピード捜査を決断した。労働基準監督官は特別司法警察員として、取り調べや逮捕、送検する権限を持つ。

 関係者によると、電通は調査に協力的だったという。しかし、若い社員の過労死が繰り返されたことや、過去に2度も是正勧告を受けながら労務管理を改めなかったことに業を煮やしていた。「一歩踏み込んでやっていく」。厚労省幹部はそう打ち明けた。

 電通への厳正な対処は、政府の意向も働いているとみられる。塩崎恭久厚労相は「過去にも自殺者を出した会社で極めて遺憾なケース。徹底的に究明し、働き過ぎで命を落とすことがあってはならない。働き方改革で長時間労働対策もやっていく」と強調していた。

 安倍晋三首相は「働き方改革」を政権の「最大のチャレンジ」と位置付け、9月末に会議の初会合を開いて議論が本格化している。長時間労働の是正は、「同一労働同一賃金」と並ぶ改革の柱だ。

 「過労死ライン」とされる労災認定基準(月80時間)を大幅に超える残業は蔓延(まんえん)している。総務省によると、昨年の基準超え残業は、労働者全体の8%強。特に30代の男性に限ると15%を超える。

 厚労省が今年10月に初めてまとめた「過労死等防止対策白書」によると、昨年度に過労自殺(未遂も含む)で労災認定されたのは93件。勤務問題を原因の一つとする自殺は2159件にも上る。

 問題は、残業時間の上限に法的な“抜け道”があることだ。政府内では、残業時間の上限を労働基準法に明記し、それを超過した場合の罰則強化を検討。政府は年度内にも「働き方改革実行計画」に具体案を盛り込み、労基法改正など関連法案を来年の通常国会に提出する方針だ。

このニュースの写真

  • 異例の捜査、悪質性にメス 「働き方改革」背景に
  • 異例の捜査、悪質性にメス 「働き方改革」背景に
  • 異例の捜査、悪質性にメス 「働き方改革」背景に

「ライフ」のランキング