産経ニュース

【三笠宮さま薨去】しめやかに斂葬の儀 喪主の百合子さま、孫の彬子さま、皇太子ご夫妻がご参列 安倍晋三首相や政財界関係者、各国駐日大使らも

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【三笠宮さま薨去】
しめやかに斂葬の儀 喪主の百合子さま、孫の彬子さま、皇太子ご夫妻がご参列 安倍晋三首相や政財界関係者、各国駐日大使らも

三笠宮さまのひつぎを乗せ赤坂御用地を出る霊車=4日午前、東京都港区 三笠宮さまのひつぎを乗せ赤坂御用地を出る霊車=4日午前、東京都港区

 10月27日に100歳で薨去(こうきょ)された三笠宮さまの本葬に当たる「斂葬(れんそう)の儀」が4日、東京都文京区の「豊島岡(としまがおか)墓地」でしめやかに営まれた。このうち午前中の「葬場(そうじょう)の儀」には、喪主の三笠宮妃百合子さまと、喪主代理を務める孫で三笠宮家の彬子さま、皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方がご参列。親族や安倍晋三首相ら政財界関係者、各国駐日大使ら582人が三笠宮さまを悼んだ。

 ご遺体を納めたひつぎを乗せた霊車は午前9時ごろ、赤坂御用地(東京都港区)の三笠宮邸を出発。皇居を半周するように内堀通りを通り、同9時35分ごろ、同墓地に到着した。

 参列者が左右2つの幄舎(あくしゃ)と呼ばれるテントで見守る中、霊車が葬場に移動。三笠宮さまが名誉総裁に就かれていた日本・トルコ協会の常任理事、東園基政司祭長が、三笠宮さまの生前のご活動やお人柄をしのぶ「祭詞」を読み上げた。

 続いて、しきたりで参列されない天皇、皇后両陛下から差し向けられた使者の河相周夫(ちかお)侍従長らが玉ぐしをささげ拝礼。百合子さまをはじめ、皇族方が続かれた。

 午後は落合火葬場(新宿区)での火葬の後、ご遺骨を埋葬する「墓所(ぼしょ)の儀」が行われる。墓所は平成24年6月に薨去された長男の寛仁親王殿下の墓と並ぶ形となる。

 三笠宮さまは大正天皇の第4皇男子で、陛下の叔父にあたる。皇族の葬儀は三笠宮さまの次男、桂宮さまが薨去された26年6月以来。

このニュースの写真

  • しめやかに斂葬の儀 喪主の百合子さま、孫の彬子さま、皇太子ご夫妻がご参列 安倍晋三首相や政財界関係者、各国駐日大使らも
  • しめやかに斂葬の儀 喪主の百合子さま、孫の彬子さま、皇太子ご夫妻がご参列 安倍晋三首相や政財界関係者、各国駐日大使らも

関連ニュース

【三笠宮さま薨去】東京・文京区の豊島岡墓地で「斂葬の儀」 霊車が午前9時に宮邸を出発 

「ライフ」のランキング