産経ニュース

【ハロウィーン2016】マナー一転 ごみ、トラブル減少 警視庁「人出が分散」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ハロウィーン2016】
マナー一転 ごみ、トラブル減少 警視庁「人出が分散」

ハロウィーンで仮装した若者達で賑わう渋谷駅前。夕方から多数の警官が出て警備にあたった=31日午後、東京・渋谷(酒巻俊介撮影) ハロウィーンで仮装した若者達で賑わう渋谷駅前。夕方から多数の警官が出て警備にあたった=31日午後、東京・渋谷(酒巻俊介撮影)

 「ハロウィーン」当日の31日、JR渋谷駅(東京都渋谷区)周辺は多くの人出でにぎわった。お祭りムードが盛り上がった前週末からの4日間(10月28~31日)、警視庁は初の交通規制実施に加え、「DJポリス」を動員するなどして特別警戒に当たった。器物損壊容疑などで3人が現行犯逮捕された昨年と一転して大きな騒動はなく、同庁幹部は「本番が月曜日で人出が分散されたことなどで、比較的平穏に推移したのでは」と分析した。

 この日は午後5時ごろからJR渋谷駅周辺に仮装姿の若者らが増え始め、帰宅途中のサラリーマンらと入り交じって混雑した。7時前には29、30日に続いて車道を閉鎖。歩行者天国になったスクランブル交差点に人々がなだれ込んだ。

 学校帰りの高校生や大学生の姿も目立った。三鷹市の医大生、鈴木勤さん(20)は授業で使う白衣を流用し“お医者さんルック”。「ニュースで盛り上がっているのを見て勢いで来た」と笑った。

 昨年までのハロウィーンでは大量のごみが問題になったため、東京都や渋谷区はごみ袋を配布したり、複数のごみ捨て場を設置したりして対応に当たった。都はボランティア40~50人と清掃活動を実施したが「ごみの量は例年に比べて格段に少なかった」(都の担当者)。

続きを読む

このニュースの写真

  • マナー一転 ごみ、トラブル減少 警視庁「人出が分散」
  • マナー一転 ごみ、トラブル減少 警視庁「人出が分散」
  • マナー一転 ごみ、トラブル減少 警視庁「人出が分散」

「ライフ」のランキング