産経ニュース

【至誠の人 揖取素彦物語(64)】中村紀雄 「県庁はぜひ前橋に」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【至誠の人 揖取素彦物語(64)】
中村紀雄 「県庁はぜひ前橋に」

 「何故に前橋が良いと思われるか」

 「はい、古来、赤城の麓は養蚕が盛んでしたが、横浜開港以来、生糸の産業が起こり、前橋の生糸は世界の名産となりました。この動きをさらに進める上での最大の妨げは藩主が前橋にいないことでありました」

 楫取は初めて知る前橋の歴史に興味を示して身を乗り出した。

 「そこで、私たち町民は川越の藩主に前橋に帰られるよう請願書を提出いたしました。文久2年のことでございました。藩主松平直克さまは幕府に前橋での築城願いを出しました。藩主の胸には、前橋の生糸産業を発展させるという決意があったと思われます」

続きを読む

「ライフ」のランキング