産経ニュース

五木寛之さん、遠望する「青春の門」 完結へ84歳の挑戦

ライフ ライフ

記事詳細

更新


五木寛之さん、遠望する「青春の門」 完結へ84歳の挑戦

インタビューに答える作家の五木寛之氏=5日、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪(酒巻俊介撮影) インタビューに答える作家の五木寛之氏=5日、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪(酒巻俊介撮影)

 昭和44年に書き始めた大河小説『青春の門』の完結をめざし、五木寛之さんが来年から「週刊現代」で23年ぶりに連載を再開する。84歳の挑戦である。再開のきっかけ、物語の構想について聞いた。(桑原聡)

                  

 12歳のときに外地で敗戦を迎えた体験が、五木さんの人生観を決定した。人生には自分の意志や努力ではどうにもならないことがあるということだ。五木さんは風に逆らうでもなく、乗じるでもなく、風に吹かれて生きてきたという。それは、人は「大いなるもの」によって生かされているという「他力」の思想につながってゆく。

 連載の再開も風に吹かれた結果だという。具体的には3つの要素が奇跡的に重なった。自分の気力と体力が充実している、連載の舞台が用意されている、多くの読者が連載の再開を望み、それが地熱のように伝わってくる-の3つである。

 「主体的に流され、たどりついたところに耕すべき土地があった、というのが実感です。実際問題、今を逃せば、完結させることはできないでしょう。これがギリギリのチャンス」

 『青春の門』は、ソ連に密入国した伊吹信介が、14歳の少女、アニョータとともにポーランドを目指して旅を始めるところで途切れている。昭和35年、信介25歳である。

続きを読む

「ライフ」のランキング