産経ニュース

【将棋ソフト不正疑惑】将棋連盟、来週中に調査委発足 強く対応求めていた渡辺竜王「タイトル剥奪されても構わない」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋ソフト不正疑惑】
将棋連盟、来週中に調査委発足 強く対応求めていた渡辺竜王「タイトル剥奪されても構わない」

三浦弘行九段の不正疑惑問題で、将棋記者会で謝罪した日本将棋連盟の谷川浩司会長(右)、島朗常務理事=21日午後、東京・千駄ヶ谷の日本将棋連盟(酒巻俊介撮影) 三浦弘行九段の不正疑惑問題で、将棋記者会で謝罪した日本将棋連盟の谷川浩司会長(右)、島朗常務理事=21日午後、東京・千駄ヶ谷の日本将棋連盟(酒巻俊介撮影)

 将棋の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを不正使用した疑いが浮上し、出場停止処分になった問題で、日本将棋連盟の谷川浩司会長(54)は21日、来週中に顧問弁護士を中心とした調査委員会を発足させ、本格的な調査に乗り出す方針を発表した。

 これに先立ち、同日午前、東京と大阪の将棋会館で棋士への臨時説明会が開かれ、羽生善治棋聖(46)や佐藤天彦名人(28)ら約140人の棋士が参加。約2時間におよんだ非公開の説明会で島朗常務理事(53)は、7月末の対局で三浦九段に不自然な離席があるとの指摘が発端だったことを報告。さらに今月3日の対局でたびたびの離席と不自然な指し手に疑惑を抱いた渡辺明竜王(32)が、「疑念がある棋士と指すつもりはない。タイトルを剥奪(はくだつ)されても構わない」と、連盟幹部に強く対応を求めていたことを明らかにした。

 出席した棋士からは「泥仕合はよくない」などと三浦九段の処分に異論の声があった一方、「電子機器の持ち込み禁止規定をもっと厳しくすべきだ」「うやむやにしてはいけない」といった発言があったという。

このニュースの写真

  • 将棋連盟、来週中に調査委発足 強く対応求めていた渡辺竜王「タイトル剥奪されても構わない」
  • 将棋連盟、来週中に調査委発足 強く対応求めていた渡辺竜王「タイトル剥奪されても構わない」
  • 将棋連盟、来週中に調査委発足 強く対応求めていた渡辺竜王「タイトル剥奪されても構わない」
  • 将棋連盟、来週中に調査委発足 強く対応求めていた渡辺竜王「タイトル剥奪されても構わない」

関連ニュース

【将棋ソフト不正使用疑惑】三浦弘行九段、再び異議表明 「遠隔操作アプリをインストールしてない」

「ライフ」のランキング