産経ニュース

三浦九段のソフト不正使用疑惑で連盟が説明会 羽生棋聖ら参加

ライフ ライフ

記事詳細

更新


三浦九段のソフト不正使用疑惑で連盟が説明会 羽生棋聖ら参加

三浦弘行九段 三浦弘行九段

 三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを不正使用した疑いが浮上し、出場停止処分を受けた問題で日本将棋連盟は21日午前、東京都渋谷区の将棋会館で所属する棋士への臨時説明会を開いた。説明会には羽生善治棋聖、佐藤天彦名人、郷田真隆王将、佐藤康光九段らトップ棋士をはじめ約100人が参加。硬い表情で次々と会場に入っていった。

 説明会の冒頭、連盟会長の谷川浩司九段、島朗理事らが三浦九段の処分に至った経緯を説明。将棋ソフトに詳しい千田翔太五段が、個人的立場で最近の三浦九段の指し手とソフトの指し手について解説した。

 三浦九段は15日に開幕した第29期竜王戦七番勝負の挑戦者に決まっていたが、対局中の離席の多さから将棋ソフト不正使用の疑いが浮上。12日に連盟から今年末までの出場停止処分を受けた。これを不服として、三浦九段は18日に疑惑を否定する声明を発表している。

「ライフ」のランキング