産経ニュース

長谷川豊アナ、腎臓疾患がある患者2人に直接「お詫び」 ブログで報告「腎移植を推進する働きかけをしていこうと思う」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


長谷川豊アナ、腎臓疾患がある患者2人に直接「お詫び」 ブログで報告「腎移植を推進する働きかけをしていこうと思う」

長谷川豊氏 長谷川豊氏

 ブログでは、今後の活動についても言及。「『謝って、はい、お終い』…ってのは少し違う気がしていて」と心境を明かし、「透析という治療自体が、お金がかかる以上に、患者の皆さんの苦悩がとても大きいことを実感しています。なので。僕は今回のことにある一定のけじめがつけば、日本の『腎移植』がもっと進むように、自分の出来る範囲から働きかけをしていこうと考えています」と決意を表名している。

 長谷川氏は、ブログ「本気論 本音論」に、「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」という記事を9月19日付で掲載。過激な表現などから批判が多く寄せられ、キャスターを務めるなどレギュラー出演していた3番組を全て降板していた。

(WEB編集チーム)

関連ニュース

堀江貴文氏、長谷川豊アナの全レギュラー番組降板に「何とも思わない。別にテレビに出なくても…」

「ライフ」のランキング