産経ニュース

【生前退位】菅義偉官房長官「できれば通常国会で出したい」 次期通常国会へ法案提出する考え示す

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【生前退位】
菅義偉官房長官「できれば通常国会で出したい」 次期通常国会へ法案提出する考え示す

菅官房長官 菅官房長官

 菅義偉官房長官は19日午前の衆院内閣委員会で、天皇陛下の「生前退位」実現に向けた法整備に言及し「できれば通常国会で出したいという思いを持っている」と述べた。有識者会議の提言を踏まえ、来年の次期通常国会へ法案を提出する考えを示した発言だ。民進党の岡田克也前代表への答弁。

 生前退位の環境整備に向け設置された安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」がまとめる論点について、菅氏は「年明けにも一定の方向が出た段階で国会にその方向性を明らかにしたい」と言明。来年早々にも論点をとりまとめた上で国会に提示する意向だ。「できれば円満に早く(法案審議に)入ることを考えている」とも語った。

 有識者会議における「女性宮家」創設に関する議論に関し、菅氏は「(議題が)広がってしまうと意見が拡散してしまう。まず天皇陛下のご公務の負担軽減に絞った議論をお願いする」と、議題には含まない方針を強調した。皇族減少への政府対応には「男系継承が古来例外なく維持されてきた重みの中で慎重、丁寧な対応が必要だ」と指摘。既存の内閣官房皇室典範改正準備室で引き続き検討していく。

関連ニュース

【生前退位】公的行為でご負担増加 多忙極める陛下のご日常 宮中祭祀に新たな位置付けを

「ライフ」のランキング