産経ニュース

多くのがんが肥満と関係 新たに8種類のがんで確認

ライフ ライフ

記事詳細

更新


多くのがんが肥満と関係 新たに8種類のがんで確認

 世界保健機関の専門機関である国際がん研究機関(IARC)は、肥満になるとリスクが高まるがんとして、2002年に大腸、食道、腎臓、子宮内膜など6種類を挙げていたが、今年あらためて1000件以上の研究を分析した結果、従来の6種類に加え、新たに8種類のがんが、肥満になるとリスクが高まることが分かったと発表した。

 具体的には、胃の噴門(入り口)、肝臓、膵臓(すいぞう)、卵巣、甲状腺などのがん。これらについては中年の成人で、肥満ががんのリスクを高める十分な証拠があるとした。

 IARCによると、14年時点で、世界で約6億4000万人の成人が肥満と推計されている。

関連ニュース

【小林麻央乳がん】進行性乳がん「進行のスピードが速いと考えると早期手術が望まれる」「統計的に12人に1人が乳がん」と専門家

「ライフ」のランキング