産経ニュース

難聴の子供が生き生きと 小型補聴器開発 運動しても外れにくく

ライフ ライフ

記事詳細

更新


難聴の子供が生き生きと 小型補聴器開発 運動しても外れにくく

「リオネットピクシー」を装着した女の子(イメージ) 「リオネットピクシー」を装着した女の子(イメージ)

 補聴器大手のリオンが7月に発売した高度・重度の難聴の子供向け補聴器「リオネットピクシー」は、従来機種に比べ大幅な小型化・軽量化に成功。運動しても外れにくいと好評だ。

 同社は昭和23年に日本で初めて量産型の補聴器を開発、全国の特別支援学校などを通じて難聴の幼児、小学生らに補聴器を提供してきたが、「子供向け専用の製品は初」と医療機器事業部の斎藤敦課長は話す。

 教員や保護者らによると、従来の補聴器は子供が活発に体を動かすと、外れかかることが多いとの不満が多く、小さな子供は耳よりも大きな補聴器を着けなければならなかった。

 補聴器の心臓部であるスピーカー部分を2年かけて開発。スピーカーは小さなケースに入っている振動板を磁気で動かし、空気の波を作り出して音を出す仕組み。独自技術を生かし、空間を小さくしながら同じ音量を確保した。

 高度・重度の難聴に適応する高出力を維持しつつ、従来機種に比べ体積は25%、重量は21%減らした。本体は子供の耳になじみやすい曲線にし、ピンクや水色などカラフルな9色展開。

 リオンは、この機種の発売を機に購入支援策「キッズ応援プロジェクト」を実施し、20歳以下の人が購入する場合、法律で定められた「購入基準額」で提供。公的補助の対象となる購入者は基準額の1割の負担で済むため、高性能の機種を入手しやすい。

関連ニュース

若者の「スマホ難聴」注意 大音量の音楽鑑賞が原因

「ライフ」のランキング