産経ニュース

「県民投票も選択肢」 柏崎刈羽原発の再稼働で 新潟県次期知事の米山氏

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「県民投票も選択肢」 柏崎刈羽原発の再稼働で 新潟県次期知事の米山氏

当選証書を受け取る米山隆一氏(右)=18日、県庁 当選証書を受け取る米山隆一氏(右)=18日、県庁

 新潟県知事選で初当選した米山隆一氏(49)が18日、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働対応について「県民投票は、最終的な意思決定の場合に考慮すべき選択肢の一つだ」と述べた。ただ、県民投票の時期など具体的な言及はなかった。

 知事に原発を止める法的な権限はないが、電力各社は原発再稼働の際、安全協定などに基づき地元首長の同意を取り付けるのが慣例となっている。

 また、米山氏は世耕弘成経済産業相や東電ホールディングスの首脳が早期に会談を要望していることについて「立場の違いを前提として、間を置かず、話し合いのテーブルを持ちたい」と応じる姿勢を示した。

 米山氏は知事選で「東電福島第1原発事故の検証なしに再稼働は議論しない」と国や東電に厳しい姿勢で臨んだ泉田裕彦知事の路線継承を強調した。

関連ニュース

【新潟県知事選】民進・蓮舫代表、党の原発政策「変わることはない」 再稼働反対の米山氏当選受け

「ライフ」のランキング