産経ニュース

【世界文化賞】小池百合子都知事が祝辞「江戸が育んだ東京の文化、ぜひ2020年世界に」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【世界文化賞】
小池百合子都知事が祝辞「江戸が育んだ東京の文化、ぜひ2020年世界に」

第28回高松宮殿下記念世界文化賞の授賞式典で挨拶する東京都の小池百合子知事=18日午後、東京・元赤坂の明治記念館(川口良介撮影) 第28回高松宮殿下記念世界文化賞の授賞式典で挨拶する東京都の小池百合子知事=18日午後、東京・元赤坂の明治記念館(川口良介撮影)

 今、東京大会、2020年の東京大会に向けまして、オリンピック、パラリンピック、どうあるべきなのか、さまざまな工夫をしているところでございます。経費の削減もさることながら、どうやって東京から2020年、世界に大きな発信をするか、そして感動を提供していくか、そのような工夫をしているところでございます。

 考えてみますと、5人の受賞者の皆さま、それぞれ日本との接点があるとのことでございます。日本の文化、映画、いろいろな日本との接点が、今回の世界文化賞につながったものと思われます。そして、それだけ多くの世界の方々に日本が発信をしてきた、その中心は江戸の文化でなかったかな、と思うわけでございます。

 江戸時代は1603年、徳川家康が江戸幕府を始めて以来、非常に深く、そして広く文化の根っこを作っている大切な時期だったかと思います。

 当時、江戸に住んでいた人口はたった15万人でございました。京都が30万人、そして大坂が20万人。そして今日、江戸の後の名前が東京でございますけれども、今、1350万人を超える人口を抱えている、大きなメガシティになっているわけでございます。

続きを読む

関連ニュース

【世界文化賞】明治記念館で授賞式 クレーメル氏「卓越した芸術家の仲間入り光栄」

「ライフ」のランキング