産経ニュース

【世界文化賞】受賞者代表のギドン・クレーメル氏(音楽部門)の謝辞「自らの信じる価値に忠実であろうとして戦ってきた」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【世界文化賞】
受賞者代表のギドン・クレーメル氏(音楽部門)の謝辞「自らの信じる価値に忠実であろうとして戦ってきた」

第28回高松宮殿下記念世界文化賞であいさつするギドン・クレーメル氏。後列は左からシンディ・シャーマン氏、アネット・メサジェ氏、マーティン・スコセッシ氏=18日午後、東京・元赤坂の明治記念館(三尾郁恵撮影) 第28回高松宮殿下記念世界文化賞であいさつするギドン・クレーメル氏。後列は左からシンディ・シャーマン氏、アネット・メサジェ氏、マーティン・スコセッシ氏=18日午後、東京・元赤坂の明治記念館(三尾郁恵撮影)

 芸術に奉仕していくこと。自らの理想やビジョンを犠牲にして屈することがないようにすることが、エンターテインメントを提供することよりもはるかに重要なのです。なぜなら、芸術は、われわれに先見の明を持たせてくれるものだからです。世界文化賞はこれまでに数多くの偉大な人たちに授与されて参りました。彼ら個々人のアイデンティティーが広く認められてきたのであります。

 彼らが尊敬に値するのは、ただ単に、その業績ゆえにではありません。偉大な作曲家、ルイジ・ノーノのように、道なき道を行かなければならないと気付いていたからです。彼らがリスクを喜んで取ったからこそ、われわれが未知なるものの探求を続けることができるのです。

 だからこそ、本日、私は大衆に迎合しない傑出した芸術家に囲まれて、喜びと誇りに満ち満ちているのです。何らかの形で、われわれは皆、自らの信じる価値に忠実であろうとして戦って参りました。そして、この戦いは、まだ終わってはいません。

 芸術に栄えあれ。多くの意味で、芸術こそがより多くを求め、そして見つけたものを他者と分かち合いたい、と考えるわれわれを支えてくれる最高のものなのです。ありがとうございました。

(「高松宮殿下記念世界文化賞」受賞者取材班 2016年、明治記念館)

関連ニュース

【世界文化賞】明治記念館で授賞式 クレーメル氏「卓越した芸術家の仲間入り光栄」

「ライフ」のランキング