産経ニュース

【将棋】ソフト不正使用疑惑、三浦弘行九段のコメント全文 「適正な処分とは言い難い」「本当に残念でなりません」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【将棋】
ソフト不正使用疑惑、三浦弘行九段のコメント全文 「適正な処分とは言い難い」「本当に残念でなりません」

三浦弘行九段 三浦弘行九段

 私は、連盟から上記疑惑を持たれたので、平成28年10月11日および12日において、連盟からの要望がなかったにもかかわらず、自ら保有するノートパソコン2台、デスクトップパソコン2台、スマートフォンの全アプリを撮影した画像を提出しています。これらの資料を精査してもらえれば、私の身の潔白が晴れることだと信じていましたが、連盟はこれらの資料を精査することなく、一方的に私に出場停止処分を下しました。本当に残念でなりません。

 また、私は連盟に対し、離席が多いことやコンピューターとの一致率が高いことを示す証拠を書面により提出してほしいことを求めています。これらの資料を分析すれば、離席と私の指し手との関連性がないことなどを示すことができると考えています。しかし、連盟からはこれらの資料の開示はなされていません。これでは、私としましては、私のどの指し手がどのコンピューターと一致しているのか、満足に知ることすらできません。

 私が離席していた際に行っていたことは、将棋会館内の休憩室である「桂の間」などで横になるなどして体を休めつつ次の指し手を考えていたり、会館内のトイレに赴いていただけです。対局中の食事についても、ほとんどが出前を注文しており、疑惑を持たれている対局では、対局中に会館の外に出ることはありませんでした。

続きを読む

関連ニュース

【将棋】三浦弘行九段がソフト不正使用を改めて否定「連盟は一方的」

「ライフ」のランキング