産経ニュース

【電通女性社員自殺】電通子会社も立ち入り 塩崎恭久厚労相「過去にも自殺者。極めて遺憾なケース」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【電通女性社員自殺】
電通子会社も立ち入り 塩崎恭久厚労相「過去にも自殺者。極めて遺憾なケース」

電通の子会社「電通東日本」が入るビル=18日午後、東京都港区 電通の子会社「電通東日本」が入るビル=18日午後、東京都港区

 広告大手代理店の電通に勤めていた高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺した問題で、厚生労働省は18日、電通の子会社4社にも立ち入り調査したことを明かした。塩崎恭久厚生労働相は同日の閣議後会見で、「過去にも長時間労働に伴う自殺者を出した電通で再び自殺に追い込まれる事態が出た。極めて遺憾なケースだ。実態を徹底的に究明したい」と述べた。

 厚労省によると、立ち入り調査したのは、電通の子会社である電通西日本(大阪市北区)、電通九州(福岡市中央区)、電通北海道(札幌市中央区)、電通沖縄(那覇市)。電通東日本(東京都港区)についても一両日中に調査するという。

 地元労働局はすでに、電通の東京本社と名古屋、大阪、京都の3支社を調査しており、全社的な労働実態の解明に乗り出している。悪質な法令違反が見つかれば、刑事事件に発展する可能性もある。

 遺族側弁護士によると、高橋さんは平成27年4月に電通に入社し、同年12月25日に東京都内の女子寮から投身自殺した。三田労働基準監督署(東京)は、残業が月105時間あり鬱病を発症していたと判断し、労災認定していた。

関連ニュース

【電通女性社員自殺】抜き打ちに電通本社は騒然…「調査が入るとは知らなかった」

「ライフ」のランキング