産経ニュース

ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善

下肢静脈瘤を発症したふくらはぎ。ボコボコとこぶができている 下肢静脈瘤を発症したふくらはぎ。ボコボコとこぶができている

 ■下肢静脈瘤の予防には

 ふくらはぎの筋肉には、静脈の血液を心臓まで送るポンプの役割がある。筋肉を鍛えるため、1日20分の早歩きをするとよい。横隔膜など呼吸筋も静脈の流れをスムーズにするのに重要な役割を果たしているので、朝晩10回ずつ深呼吸をするのが有効だ。

 立ちっぱなし、座りっぱなしも避けたい。どうしても長時間の立ち仕事をしなければならないときは、脚の静脈を保護してくれる弾性ストッキングをはくとよい。座りっぱなしのときはときどき立ち上がって脚を動かす。

 血液をサラサラに保つことも予防に有効で、水分を十分に摂取するよう心がけたい。お酒を飲むと体内の水分が失われるので、飲み過ぎには注意。たばこは血管の炎症反応を引き起こすので禁煙は重要だ。

このニュースの写真

  • ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善
  • ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善
  • ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善

関連ニュース

【くらしナビ】骨粗鬆症 早期発見・治療を 自覚症状乏しく要介護の一因

「ライフ」のランキング