産経ニュース

ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善

下肢静脈瘤を発症したふくらはぎ。ボコボコとこぶができている 下肢静脈瘤を発症したふくらはぎ。ボコボコとこぶができている

 ふくらはぎの血管がボコボコとこぶ状に膨らむ下肢静脈瘤(りゅう)。脚のむくみやかゆみ、こむら返りなどが主な症状で、命に関わる病気ではないが、重症化すると皮膚に潰瘍ができることもある。近年は、日帰りのレーザー治療が受けられる医療機関も増えている。(櫛田寿宏)

15分で終了

 東京都内の女性会社員(69)は40代後半に下肢静脈瘤を発症、太ももからふくらはぎの裏側の皮膚がボコボコと盛り上がった状態になった。「見た目が気になってスカートをはけないし、温泉にも行けなかった」と振り返る。

 3、4年前から左足が重症化し、ひどいかゆみに悩まされた。家族の勧めで今年9月、レーザー治療を受けた。

 「15分ほどで終わり、その日のうちに歩いて家に帰れた。こぶは目立たなくなり、かゆみも治まりました。もっと早く治療を受ければよかった」。今では好きなスカートをはき、旅行も楽しめるようになったと笑う。

女性に多い

 脚には、太い深部静脈とそこに川の支流のようにつながる表在静脈がある。この表在静脈の内側には、血液の逆流を防止する弁がいくつもあるが、下肢静脈瘤はこの弁が壊れ、本来は心臓に戻るべき静脈血が逆流して脚の下の方の血管にたまって起こる。こぶはふくらはぎの内側にできることが多い。

続きを読む

このニュースの写真

  • ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善
  • ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善
  • ふくらはぎがボコボコ…下肢静脈瘤は日帰りレーザー治療で改善

関連ニュース

【くらしナビ】骨粗鬆症 早期発見・治療を 自覚症状乏しく要介護の一因

「ライフ」のランキング