産経ニュース

【生前退位】被災者ら有識者会議の行方見守る 「丁寧に」「長引けばご心労」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【生前退位】
被災者ら有識者会議の行方見守る 「丁寧に」「長引けばご心労」

天皇陛下の生前退位をめぐる有識者会議の初会合に臨むメンバーら=17日午後、首相官邸(桐原正道撮影) 天皇陛下の生前退位をめぐる有識者会議の初会合に臨むメンバーら=17日午後、首相官邸(桐原正道撮影)

 岩手県を訪問した両陛下が9月28日から30日にかけて宿泊された同県大槌町の「三陸花ホテルはまぎく」社長、千代川茂さんは「有識者会議は期間を区切って早く結論を出してほしい。陛下はご自分の意見は言えないので、長引けばご心労をかけることになる」と気遣う。震災による津波でスポーツ用品店が流失し、仮設店舗で営業を続ける同県陸前高田市の菅野修さん(63)は「仰々しい生前退位ではなく、ある程度のご高齢になったら自動的に譲位して、後見役になるような形が望ましいのでは」。

 東日本大震災後に宮城県南三陸町の歌津中学校避難所に身を寄せ、発生翌月に両陛下のご慰問を受けた自営業の山内義申(よしのぶ)さん(60)は「ご公務は大変だったと思うが、陛下は全く顔に出されなかった。その陛下が生前退位のご意向を示されたのだからよほどのこと。有識者会議は陛下のお気持ちを酌んで結論を出してほしい」と訴えた。

関連ニュース

【生前退位】「国民の理解不可欠」 公務の在り方や負担軽減策…多様な議論始まる

「ライフ」のランキング