産経ニュース

【生前退位】有識者会議会見詳報(上)今井敬座長「国民の理解が深まるよう努める」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【生前退位】
有識者会議会見詳報(上)今井敬座長「国民の理解が深まるよう努める」

会議後、会見する有識者会議座長の今井敬氏(左)と、座長代理の御厨貴氏 =17日午後、首相官邸(桐原正道撮影) 会議後、会見する有識者会議座長の今井敬氏(左)と、座長代理の御厨貴氏 =17日午後、首相官邸(桐原正道撮影)

 本日の会議の概要をご説明致します。安倍首相、および菅義偉官房長官にご出席いただきまして、冒頭、首相からご挨拶をいただきました。メンバーの互選によりまして、私、今井が座長を務めることになり、続きまして座長である私がお願いしまして隣にいる御厨(貴)様が座長代理を務めていただくことになりました。この後の議事の概要につきましては、御厨座長代理から説明させていただきます」

御厨貴東大名誉教授(座長代理)「この度、座長代理を務めることになりました御厨でございます。今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

 私が座長から座長代理に指名されました後、議事に入りました。まず会議の運営について取り決めをいたしました。その内容は配布しました資料2に、天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議の運営についてという資料がございますが、その通りでございますが、具体的にかいつまんで申しますと、第一、会議については非公開。議事概要は原則として会議修了後に速やかに公開する。会議で配布された資料は会議終了後公開を致します。会議終了後その内容については座長、または座長代理から会見を行うということであります。

 これが済みました後、各メンバー間でいわゆる自由な意見交換というものを行いました。どういう意見が出たかということについて、少しこれまたかいつまんで申し上げたいと思います。『皆さまご承知のとおり、この問題については、国民が高い関心を示しています。国民の間でもさまざまな考えがあると思われます。では、この会議の役割はなにかということになります。論点や課題を明確に国民に示すことが重要になります。ですから、個人として予断をもつことなく、国民と一緒に考えていくための土俵作り、この土俵をどう作るか、ということが非常に重要である』という意見がありました。

続きを読む

関連ニュース

【生前退位】有識者会議会見詳報(下)今井敬座長、女性・女系天皇の議論は「首相の諮問に入っていない」

「ライフ」のランキング