産経ニュース

「サピエンス全史」ユヴァル・ノア・ハラリ氏 「虚構の力」を超えるために

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「サピエンス全史」ユヴァル・ノア・ハラリ氏 「虚構の力」を超えるために

「人類は2万年前よりも幸福になっているとはいえない」と話すハラリ氏 (荻窪佳撮影) 「人類は2万年前よりも幸福になっているとはいえない」と話すハラリ氏 (荻窪佳撮影)

 歴史の原動力として虚構の力は重要だが、人類は自らが作り出した虚構に強く縛られるあまり、無用な対立や戦争を招いた例もまま見られる。自身が歴史家を目指したのは、紛争が絶えないイスラエルという国に生まれたことも関係しているという。「自分は誰なのか、自分の居場所はどこなのかという問いに対し、周囲の大人から示されたユダヤ人の物語、ユダヤ教やイスラエル国家という物語に納得できなかった。自分で学ぶうちに、それは人が作った虚構だと気づいたからだ」。この本は、そうした歴史家としての出発点にも強い関わりがある。「そうした虚構がどのようにして作られ、なぜこれほど力を持つようになったのかを知りたかった。そして、その虚構を超えたところにある真実にたどり着きたかった」(磨井慎吾)

                   ◇

【プロフィル】Yuval Noah Harari

 ユヴァル・ノア・ハラリ 1976年、イスラエル・ハイファ生まれ。英オックスフォード大で博士号を取得し、現在はエルサレムのヘブライ大学教授。専門は中世史・軍事史。

「ライフ」のランキング