産経ニュース

【ゆうゆうLife】田辺鶴瑛さんの介護講談、映画化 義父を大嫌いから大好きに

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
田辺鶴瑛さんの介護講談、映画化 義父を大嫌いから大好きに

義父を介護する田辺鶴瑛さん=映画「田辺鶴瑛の介護講談」の劇中DVD映像から 義父を介護する田辺鶴瑛さん=映画「田辺鶴瑛の介護講談」の劇中DVD映像から

 そんな鶴瑛さんの講談と介護の日々を撮影した映画「介護講談」が今年、完成した。製作した熊猫堂の荻久保則男監督は「きれいごとでない中で『家族の絆』を作っていく様子を伝えたかった」と製作の意図を語る。

 映画には、在りし日の義父も登場する。数分前のことは忘れても、自身の学生時代の記憶は、昨日のことのように鮮明だ。鶴瑛さんが水を向ければ、母校の校歌を熱唱し、「青春の一ページだよ」と回想する。鶴瑛さんがおはこの講談「三方ケ原軍記」を聞かせれば、調子よく合いの手を入れ、「いやぁ、良かった」と感激する。その姿は幸せそうだ。

 本音の介護の果てに、鶴瑛さんは「大嫌いだった義父を大好きになった。私自身も変わった」と言う。

 映画は今年9月、東京都北区で開かれた「ストップ・ザ・介護殺人!」のイベントでも、医療職や介護職の講演と並んで上映された。演者の一人で在宅医療に携わる東郷清児医師は、試写会で映画を見て「これまで間違っていた」と思ったという。

 在宅医として、患者の病気だけでなく背景まで見ているつもりだった。だが、まだまだ医療先行だった。以来、「今日は患者と何を話そうか」と思って訪問に行く。患者も自分史を語るようになった。「患者さんの性格や価値観も分かるようになり、それを知った上で、この医療が本当に必要かどうか考えられるようになった」と話している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 田辺鶴瑛さんの介護講談、映画化 義父を大嫌いから大好きに
  • 田辺鶴瑛さんの介護講談、映画化 義父を大嫌いから大好きに
  • 田辺鶴瑛さんの介護講談、映画化 義父を大嫌いから大好きに

「ライフ」のランキング