産経ニュース

車はいつからサンダル代わりになったの? 100メートル未満の距離も4人に1人が車で移動 群馬県調査で判明 専門家指摘「公共交通利用しづらいことも一因」

ライフ ライフ

記事詳細

更新


車はいつからサンダル代わりになったの? 100メートル未満の距離も4人に1人が車で移動 群馬県調査で判明 専門家指摘「公共交通利用しづらいことも一因」

車がひっきりなしに走行する群馬県内の道路=県庁前 車がひっきりなしに走行する群馬県内の道路=県庁前

 100メートルに満たない距離でも群馬県民の4人に1人が車を使う-。免許保有率が全国トップクラスの群馬県で、車依存が加速していることが県が昨秋実施した人の動きを把握する「パーソントリップ(PT)調査」でわかった。調査結果は街づくりに活用されるが、高齢で車の運転ができない移動難民の増加など課題は山積している。 

 PT調査は、日常生活で人がどのような目的でどこに行ったかなどの動きを調べるもので、通勤や私用などのうち1つの目的で移動することを「1トリップ」とカウントする。今回は平成5年以来23年ぶりの調査で、前橋市や高崎市、桐生市、伊勢崎市など22市町村の約6万世帯からアンケートの回答を得た。

 その結果によると、車の利用率は年々増加。移動手段に車を使う人の割合は77・6%で、前回より15・2ポイント増加、昭和53年の45・2%の1・7倍にもなった。これは全国的に見ても高く、過去に同様の調査をした熊本の64・3%▽大分68・3%▽福井76・7%などを上回る。

 さらに、車を利用する人の割合を距離別でみると、100メートル未満では26%と4分の1を占めた。300~500メートルでは50%、1~1・5キロで70%、5~10キロで91%と徐々に増加した。

続きを読む

「ライフ」のランキング