産経ニュース

大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明

ライフ ライフ

記事詳細

更新


大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明

オートファジーの研究で知られる東京工業大学の大隅良典栄誉教授=横浜市緑区(寺河内美奈撮影) オートファジーの研究で知られる東京工業大学の大隅良典栄誉教授=横浜市緑区(寺河内美奈撮影)

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル医学・生理学賞を、飢餓状態に陥った細胞が自らのタンパク質を食べて栄養源にする自食作用「オートファジー」の仕組みを解明した東京工業大の大隅良典栄誉教授(71)に授与すると発表した。生命活動に欠かせない基本的な現象を明らかにし、医学や生物学の進歩に大きく貢献した功績が評価された。 

 日本のノーベル賞受賞は3年連続で計25人。医学・生理学賞は昨年の大村智氏に続き計4人となった。

 オートファジーはギリシャ語の「オート」(自分)と「ファジー」(食べる)を組み合わせた造語。栄養がなくなった細胞内に、二重膜でタンパク質などを取り囲むオートファゴソームという小胞ができ、分解酵素が入った細胞小器官と融合してタンパク質をアミノ酸に分解し、栄養源として再利用する仕組みを指す。

 この現象が存在することは1950年代から知られていたが、分子レベルでのメカニズムや生理学的な意義は謎だった。

 大隅氏は昭和63(1988)年、酵母でタンパク質などが分解されていく様子を光学顕微鏡で観察することに世界で初めて成功。平成5年にはオートファジーに不可欠な14種類の遺伝子を特定し、働きを次々と解き明かした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
  • 大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明

「ライフ」のランキング