産経ニュース

精神診療指針を普及へ 大学や病院22施設が連携し講習開始 統合失調症と鬱病

ライフ ライフ

記事詳細

更新


精神診療指針を普及へ 大学や病院22施設が連携し講習開始 統合失調症と鬱病

精神科診療指針普及プロジェクトの参加施設 精神科診療指針普及プロジェクトの参加施設

 個々の医師や医療機関によって診療内容にばらつきが大きいと指摘されている精神科医療の現場に、科学的な根拠に基づく診療ガイドライン(指針)を普及させようと、大阪大など全国22の大学や病院が協力し、若手を中心とした精神科医への教育、講習を進めるプロジェクトを始めた。

 普及を目指すのは、代表的な精神疾患である統合失調症の薬物治療に関する指針と、鬱病の治療指針。

 プロジェクトをまとめる大阪大の橋本亮太准教授(精神医学)によると、統合失調症への薬物治療では、効果が期待できる抗精神病薬を1種類だけ使う単剤療法が国際的に推奨されている。しかし、国内では複数の薬が同時に処方される例が珍しくないことが過去の調査で示され、深刻な副作用を防ぐための是正が課題になっている。

 昨年9月に、日本神経精神薬理学会が国内外の研究成果を基に、単剤療法を推奨する薬物治療指針を発表した。プロジェクトではこれの普及を目指す。

続きを読む

「ライフ」のランキング