産経ニュース

【東秩父物語(4)】無投票に終わった村長選の夏 奥深い自然の中にある村の活路

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【東秩父物語(4)】
無投票に終わった村長選の夏 奥深い自然の中にある村の活路

ハブ化に向け工事が行われる「和紙の里」=8月23日、東秩父村御堂 ハブ化に向け工事が行われる「和紙の里」=8月23日、東秩父村御堂

    ■  ■

 村は今年還暦を迎えた。昭和31年に槻川村と大河原村が合併した当時の人口は約6400人、今は3012人(1日現在)。半減したが、戸数は約1090世帯でほぼ変わっていない。

 「墓を守りたいと、高齢者ほど住み続けたい意識が強い。ただ、一人住まいの家も増えたから、これから先は戸数もどんどん減るのではないかな」

 3人のうち70代で最年長の男性は「昔は12人も子供がいた家があって、村に表彰されたんだよ」と懐かしんだ。60代の男性は「長男は県外で家を建てて帰ってこない」と嘆いた。「昔はほとんど高卒で村の近くで就職していたが、今は大学に行くと視野が広がって選択肢が増えるから、村に戻ってこなくなる。戻るだけの魅力がなかなかないね」

続きを読む

このニュースの写真

  • 無投票に終わった村長選の夏 奥深い自然の中にある村の活路

関連ニュース

【東秩父物語(1)】都心から1時間40分に残された埼玉県唯一の村は静かすぎて眠れないほど美しかった… 

「ライフ」のランキング