産経ニュース

【東秩父物語(4)】無投票に終わった村長選の夏 奥深い自然の中にある村の活路

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【東秩父物語(4)】
無投票に終わった村長選の夏 奥深い自然の中にある村の活路

ハブ化に向け工事が行われる「和紙の里」=8月23日、東秩父村御堂 ハブ化に向け工事が行われる「和紙の里」=8月23日、東秩父村御堂

 「ハブ化構想は村外から来る人にはメリットがあるけれど、村民にはないね」

 「いや、われわれ60~70代がそう言ってしまうのはどうかな」

 「そうだ、否定しちゃだめだ。農産物直売所で売り上げが伸びれば村にお金が落ちるから、メリットはある。村民に経済効果が行き渡るような施策をしてほしい、ということだね」

 まだセミの声が聞こえる8月下旬、3人の年配男性に村政について聞く機会があった。この話題は細川紙の手漉(す)き体験ができる施設「和紙の里」に、10月中からバスターミナルや直売所、総合案内所などを集約する「和紙の里ハブ化構想」。足立理助村長の目玉施策であり、村にとってこの夏は、無投票に終わった村長選の夏でもあった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 無投票に終わった村長選の夏 奥深い自然の中にある村の活路

関連ニュース

【東秩父物語(1)】都心から1時間40分に残された埼玉県唯一の村は静かすぎて眠れないほど美しかった… 

「ライフ」のランキング