産経ニュース

【小池知事9・23定例会見詳報(1)】豊洲市場盛り土問題は月内に報告 報告そのものが自律改革の“試金石”と「お尻をたたいている」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【小池知事9・23定例会見詳報(1)】
豊洲市場盛り土問題は月内に報告 報告そのものが自律改革の“試金石”と「お尻をたたいている」

東京都知事定例記者会見で記者の質問に答える小池百合子都知事=23日、東京都新宿区(春名中撮影) 東京都知事定例記者会見で記者の質問に答える小池百合子都知事=23日、東京都新宿区(春名中撮影)

 《東京都の小池百合子知事(64)が23日、定例会見に臨んだ。小池知事はリオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式に出席していたため、会見を開くのは今月10日に、豊洲市場の土壌汚染対策で盛り土をしていなかった問題が明らかになり、緊急会見を開いて以来。なぜ、盛り土が行われていなかったのかについて、どういった新事実が飛び出すか、その発言に注目が集まる》 

 《黒地に白い模様の入ったジャケット姿で会見室に入ってきた小池知事は、笑顔を浮かべて軽く会釈すると「1週間のご無沙汰です。リオから帰ってきました」と述べ、会見を始めた》

 《冒頭発言では、リオデジャネイロ・パラリンピックの閉会式についてまず言及する》

「大雨を心配しましたが、ぱらっときましたが、それだけで無事に終わりました。今回は、緑色のタンチョウヅルの柄の友禅の和風ジャケットを披露しました。義足モデル、GIMICOさんのパフォーマンスなど会場がわいて、東京をしっかりPRできたと思っています。これで五輪旗、パラリンピック旗がそろいました。あと4年ですが、わずか4年、たった4年と、重い責任を担ったという思いです。五輪・パラリンピックはスポーツの祭典とともに、文化の祭典ともいえます」

 《そう述べると、10月7日に、中央区日本橋室町の福徳の森特設ステージで予定している「幕開(まくあ)き日本橋~東京2020文化オリンピアードキックオフ~」の説明を始める。リオ五輪、パラリンピックで優秀な成績おさめた選手のパレードも行うという》 

続きを読む

このニュースの写真

  • 豊洲市場盛り土問題は月内に報告 報告そのものが自律改革の“試金石”と「お尻をたたいている」
  • 豊洲市場盛り土問題は月内に報告 報告そのものが自律改革の“試金石”と「お尻をたたいている」
  • 豊洲市場盛り土問題は月内に報告 報告そのものが自律改革の“試金石”と「お尻をたたいている」
  • 豊洲市場盛り土問題は月内に報告 報告そのものが自律改革の“試金石”と「お尻をたたいている」

関連ニュース

【小池知事9・23定例会見詳報(2)】課題山積の都政 まな板の鯛が自ら包丁ふりかざす?「そこからやらないといけないと思ってます」

「ライフ」のランキング