産経ニュース

塩分の取り過ぎは高血圧の原因… 「食塩相当量」表示増える 正しく理解し減塩に活用を

ライフ ライフ

記事詳細

更新


塩分の取り過ぎは高血圧の原因… 「食塩相当量」表示増える 正しく理解し減塩に活用を

 加工食品などで「食塩相当量」の表示が増えている。昨年4月施行の新しい食品表示法を受け、従来の「ナトリウム」の表示から切り替えたものだ。まだナトリウムだけの表示や表示のないものも多いが、一目で塩分量が分かる表示に、減塩への活用が期待されている。(平沢裕子)

 ◆誤認で過剰摂取?

 新しい食品表示法では一般向けの加工食品について、平成32年3月までに栄養成分表示を義務付けた。栄養成分表示は、その食品にどのような栄養成分がどの程度含まれているかを表したもの。「食塩相当量」の表示もその一つだ。

 現在、出回っている加工食品の表示は義務でなく任意だが、表示する場合は「ナトリウム(ミリグラム)」で記載するのがルールとなっていた。だが、ナトリウムは食塩に含まれる成分の一部にすぎず、「ナトリウム量=塩分量」ではない。ナトリウムの量を塩分量ととらえてしまうと、実際に摂取する量が増えてしまう。このため、新しい食品表示法では、ナトリウム量でなく、「食塩相当量(グラム)」の表示を義務付けた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 塩分の取り過ぎは高血圧の原因… 「食塩相当量」表示増える 正しく理解し減塩に活用を

関連ニュース

【IT戦略】高血圧克服プロジェクトに乗り出す「楽天」が描く青写真とは 健康ビジネスに虎視眈々  

「ライフ」のランキング