産経ニュース

【ペットと暮らす 獣医師からのアドバイス(4)】肥満は人だけでなく犬や猫でも増えている! 関節炎など病気の引き金に 食事や生活習慣に注意を

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ペットと暮らす 獣医師からのアドバイス(4)】
肥満は人だけでなく犬や猫でも増えている! 関節炎など病気の引き金に 食事や生活習慣に注意を

 肥満の人の割合が年々増加しています。世界的にみても、その割合はここ20年で2倍になっています。人と同じように、犬や猫なども肥満傾向が目立ってきています。

 あるイギリスの報告では、肥満傾向にあるペットの割合は、1986年に24%だったのに対し、2000年には50%以上にもなっていました。

 ペットに肥満の傾向が見られたら、肥満が原因で発症する病気が多いことを頭に入れておいてください。肥満傾向のペットに最も多いのは関節炎で、肥満犬の約8割が発症しています。メカニズムははっきりしていないのですが、関節に過度な重みがかかり続けてしまうことや、脂肪細胞から発生するホルモンなどが軟骨を分解してしまうためだと考えられています。そのほかにも肥満は、糖尿病や心臓疾患、泌尿器疾患などのさまざまな病気を引き起こす一因になります。

 ペットが肥満かどうかを判断するためには、あばら骨や腰の部分への脂肪の付き方などをチェックするBCS(ボディー・コンディション・スコア)という基準が広く使われています。

続きを読む

関連ニュース

メタボ、肥満対策にいかが? 鶏むね肉、低カロリーでお安く人気上昇中 調理法の工夫も広がる

「ライフ」のランキング