産経ニュース

ナビゲーターの鈴木京香さん「市民の純粋な目と心で収集」…「デトロイト美術館展」7日開幕

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ナビゲーターの鈴木京香さん「市民の純粋な目と心で収集」…「デトロイト美術館展」7日開幕

鈴木京香さん 鈴木京香さん

 モネ、ゴッホ、ピカソらの名品で欧州近代絵画の流れをたどる「デトロイト美術館展 大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち」(産経新聞社など主催)が、10月7日に東京・上野の森美術館で開幕する。同展の音声ガイドでナビゲーターを務めるのが、女優の鈴木京香さんだ。高校時代は美術部に所属するなど、幼少から絵画に親しんできた鈴木さんに、本展の見どころやアートとの関わりについて聞いた。(黒沢綾子)

                   

 マティスの名画に会いに厳冬のロシア・エルミタージュ美術館を訪れたり、現代ベルギーの画家、リュック・タイマンスの回顧展を見に、独りカタールへ旅立ったり。休日があると、好きな作品や美術館を目指してよく旅するのだという。

 「まだデトロイト美術館を訪れたことはありませんが、今回は東京に居ながらにして素晴らしい作品をじっくり鑑賞できるのがうれしい。まばゆいくらいに明るくて幸福な気持ちにさせられるマティスの『窓』、そしてピカソの『読書する女性』…。高校時代に宮城県美術館で見たドイツの画家、オットー・ディクスの作品なども、個人的に注目しています」

続きを読む

関連ニュース

代々木競技場を世界遺産に 建築家らが推進団体発足

「ライフ」のランキング