産経ニュース

子供を犯罪から遠ざけるために 自立促し信頼を築く

ライフ ライフ

記事詳細

更新


子供を犯罪から遠ざけるために 自立促し信頼を築く

母親が子供とのコミュニケーションについて学ぶ人間関係講座=大阪市北区 母親が子供とのコミュニケーションについて学ぶ人間関係講座=大阪市北区

 平成23年、奈良少年刑務所で受刑者の保護者25人に子育てについてアンケートしたところ、「しつけは厳しくした」とした親は14人、「あてはまらない」と答えた親は1人だけだった。また、ほぼ全員の24人が「『人に迷惑をかけるな』と言って育てた」とし、乳児期に手間のかかる布おむつだけを使用した親も6人いたという。

 竹下さんによると、親が“正しいこと”に邁進(まいしん)すると、子供に対して許せないことが増える。厳しいしつけや期待は「今のままのあなたではいけない」というメッセージとなり、「愛してもらえない」という飢餓感につながることがある。「人は誰でも愛されたい本能がある。それがない受刑者はいなかった」と竹下さんは振り返る。

 幼少期から強さを求められる男性は特に、愛を求める欲求を抑圧されがちだ。竹下さんは「親は男の子にも『泣くな』とは言わず、『甘えるな』ではなく『甘えろ』と言ってほしい。その前に、親自身が誰かに甘えることも大切。人は自分がされたことを、自然と他人にもできるのです」と話している。

続きを読む

関連ニュース

夏休み明け前後に増える子供の自殺 変化見逃さず相談の扉広げて

「ライフ」のランキング