産経ニュース

子供の砂糖取り過ぎに注意

ライフ ライフ

記事詳細

更新


子供の砂糖取り過ぎに注意

 2~18歳の子供の食事では、味付けに使う砂糖を1日当たり25グラム未満にすべきだという勧告を、米国心臓協会(AHA)が発表した。25グラムは日本の調理用計量スプーンでは大さじ3杯弱。

 2歳未満の乳幼児は食材や飲み物に糖分を加えないことを推奨。2~18歳までは、砂糖を添加した甘い飲み物を週にコップ1杯(約230グラム)程度までにするよう勧めている。勧告は、この世代での砂糖の取り過ぎが肥満や高血圧などになり、心臓病の危険を高めると指摘。また、砂糖の添加の多い食事をしている子供は、野菜や果物など心臓の健康に良い食べ物の摂取が少ない傾向があるとした。

関連ニュース

「保育者の定期的な救命講習の制度化を」 事故で子供失った遺族らが日本子ども安全学会で提言

「ライフ」のランキング