産経ニュース

【就活リサーチ】キャリアセンター活用を

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【就活リサーチ】
キャリアセンター活用を

 大手企業のリクルーターから学生に個別に声がかかり始める春先には、巧みな勧誘トークで大手の魅力に取りつかれてしまう「大手病」にかかってしまう学生が増えました。ある学生はキャリアセンターの担当者に、給料や福利厚生など大手の魅力を熱く語ったそうです。しかし、具体的にその会社で何をやりたいのかを聞かれると「それは入社が決まってから…」と口ごもってしまったとのこと。「良い企業の見分け方」などの大学主催の講座に参加したり、キャリアセンターの担当者から説明を受けたりすることで、中小企業にも魅力のある会社があることを知り、大手病の予防を心がけましょう。

 ゴールデンウイーク前後は就活の進捗(しんちょく)に差が出始める頃ですが、焦りは禁物。キャリアセンターの担当者と話し合い、自分のペースを再確認するのも効果的だと思います。

 夏場には、意中の企業に決まった学生にも迷いが生じることがあります。「本命の企業だったのですが、本当にそこでいいのか分からなくなってきました」。そんな相談が増える時期です。就活の進捗にばかり気を取られ、「自分は何をやりたいのか」という軸を持てずに就活を進めた学生ほど悩んでいるようです。

続きを読む

関連ニュース

【就活リサーチ】新語「サイレントお祈り」とは? そうしたい企業側の論理…

「ライフ」のランキング